六角脳枕が持つ4つの特徴とは?

朝起きた時の肩こりや首のこりにお悩みの方や、長年にわたって自分に合う枕を探し回っているという方におすすめなのが六角脳枕です。

六角脳枕は、全国ネットや地方でのテレビ番組でも取り上げられ、雑誌にも掲載されるなど、話題の安眠枕です。

人間の細胞を顕微鏡で見てみると六角形になっているのだそうです。

六角形というのはハニカム構造とも呼ばれていて、最も少ない材料で最も丈夫な構造を作ることができるという特徴があります。

ですので、自然界の中にも細胞の形だけではなく、ハチの巣などもハニカム構造になっています。

六角脳枕が、開発・設計時にそんな六角形にデザインされたのは、ハニカム構造にあやかろうとした開発者の願いが表現されているのだそうです。



六角脳枕には下のような4つの特徴があります。

@W型の凸凹構造により快適な寝返りができる。

AW型の凸凹構造により心地よい揺れを作り眠りに入りやすい。

B低反発マイクロウェーブ素材が使われている。

C保冷剤によるヒンヤリ構造。



六角脳枕の持つ以上の特徴によって、心地よく眠りに入ることができ、スムーズに寝返りを打つことができて快眠することができるという訳です。

また、首のこり、肩のこりも解消されるという事でまさに理想的な枕ですね。