六角脳枕のひんやり構造ってな〜に?

今まで、真夏の夜に寝苦しくて良く眠れなかった・・・というような経験をしたことがありますか?

頭が温まってしまうとのぼせてしまって、なかなか眠りに入ることができません。

実は、スムーズに眠りに入るには「頭寒足熱」(ずかんそくねつ)の状態を作り出すと良いのだそうです。

「頭寒足熱」の意味は、「足を暖かくして頭は冷やす」。

皆さんもこの言葉を聞いたことがあると思います。

私は小さい頃に母親から教わりました。

当時、子供としては、「何となく健康に良いんだな〜」という理解でしかありませんでした。

でも、いろいろと調べてみると、頭が冷えて足が温まると代謝が良くなって血行が良くなり、冷え性が良くなるそうですよ。

六角脳枕は、この「頭を冷やす」という状態を保冷剤を使う事によって実現しました。

暑苦しくて眠れない夏の夜などはとても良さそうですが、口コミなどを覗いて見たら「冬に保冷剤を使うと寒くて眠れない」という意見もあります。

ですので、その辺は季節に応じて臨機応変に対応していけば良いと思います。